あなたは「健康と美容の秘訣」を手に入れたくありませんか? 世界初、水晶のサプリメント活性珪素水溶液umo plus ウモプラス

ウモの利用法

ウモの利用法

韓国古くからの言い伝え

韓国では古くから、「川辺でする洗濯は、石英(珪石)の岩場で、叩き棒にも石英(珪石)を使いなさい」と言い伝えられています。それは石英または珪石の特徴として、石英にはコケが生えないことからです。

川の写真

また、石英(珪石)は、強いアルカリ性を持っており、水を浄化する神秘的な力を発揮するからなのです。

現在研究所のある南漢江の水は浄化力の高いことで韓国では有名です。その理由は南漢江の流域に純度の高い珪石鉱が無尽蔵に存在しているからなのです。また、珪砂が多い川の水が清流なのは、珪砂が持っている水を浄化する神秘的な自然の力によるものです。

古米がおいしい新米に!

米は収穫したときから酸化が始まり、精米するとその酸化する早さは数倍になります。又米耕作、栽培する時必ず使用するのが農薬です。農薬は長期間茎から侵入し、お米の中まで入っていきます。表面だけの農薬を落としても本当の農薬除去にはなりません。

umo水は米の中まで入る浸透力で除去し、同時に収穫したときから始まる酸化物質も除去し、本当においしいお米へと変えてくれるのです。
umo水をお米のとぎ水に入れると、黄色の酸化物質や農薬等の悪い成分がでます。十分なすすぎ洗いをして下さい。
(農薬除去10倍希釈、炊飯時10滴~30滴)

画像の説明

あなたの大切な天然石の浄化に!


宝石

水に強い天然石(パワーストーン)ならぜひぜひumo水に浸して浄化してみてください。もともと地球の地殻の中の成分(珪素)に包まれてた石達は故郷で元気になり、癒され浄化されます。中には石に虹ができたりピッカピカになります。
(コップ1杯に10滴~30滴くらい、もしくは程よいと感じる分量)

スキンケアに!

しみ、しわは老化の始まりですが、いずれも活性酸素が大きな原因といわれています。抗酸化力の高いumo水を飲用、またはスプレーしてスキンケアしましょう。お手持ちの化粧水や乳液を手のひらにとってお使いの際、2,3滴まぜてお使い下さい。浸透率が高まりより美容液の成分が効果的に働きます。しみ、しわ、ニキビ、吹き出物(いぼ)には原液をぬりこみましょう。
(飲用:コップ一杯に10滴~30滴程度、スプレー:10倍希釈)

お料理に、飲み物お酒に!

素材の味が引き出され料理がおいしくなります。油も分解してくれるので、ヘルシーな一品に仕上がります。家庭でパンを焼く時などにも入れると、いつもと焼き加減が違います。コーヒーやお茶の苦みや渋みもとれてまろやかな味になります。また栄養成分の吸収率を高めます。
お酒の味もまろやかになり、二日酔い防止にもなります。
(コップ一杯に10滴~30滴、もしくはおいしいと感じる分量)

野菜、果物の洗浄クリーンに!

トマト

umo水は優れた浸透性で内部に浸透し表面だけではなく内部に入った農薬等の汚れまで排出洗浄します。ミニトマトをumo水に浸しておくと、農薬が染み出して水が黄色っぽく変色します。
10分~20分付け置き洗いしましょう。
(100~500倍希釈、または程よいと感じる分量)

生もの(魚介類)、肉類、野菜類、果物類の保存に!

魚介類など、特に腐敗しやすい生モノにumo水をスプレーすると、スプレーした所に細菌等が付着しにくいので、腐敗を防ぎ鮮度を長く保ちます。umoを満遍なくスプレーして下さい。又、鮮度を取り戻しますので新鮮な美味しさになります。
魚  野菜
(スプレー10倍希釈、または程よいと感じる分量)

家庭風呂が瞬時に遠赤いっぱいの本物温泉に!


温泉

温泉水の中にH2SiO3(メタ珪酸)の成分が50mg/リットル以上入っていば、温泉法(環境省)で許可する温泉となります。umo(SiO3)を湯水に入れますと、瞬時に水分子にある水素と結合し本物の温泉H2SiO3(メタ珪酸)になります。肌にやさしいお湯に変わります。
(1000倍希釈・または程よいと感じる分量)

観葉植物・活花の注水に!


画像の説明

観葉植物の注水にumo水を使用すれば新鮮さを維持し寿命も延ばします。また、生花は開花期間が長くなり、新鮮さがより長く持続できます。更に、花瓶の水の悪臭が出にくくなりますので、水が減ってきたら追加するだけでより長く花を生き生きとさせます。
植物を活性化し寿命を延ばし、葉・花の色のツヤがよく、新鮮で自然な色になり、育ちも良くなります。
(1000倍希釈・または程よいと感じる分量)

歯ホワイトニング


白い歯

UMOの抗菌・殺菌性は大腸菌やレジオネラ菌が瞬時に殺菌されるほど強力なものです。歯周病もただちに殺菌されるので、水溶性珪素を活用している歯科医院もあるほどです。毎日の歯磨きにもUMOを使えば、口臭も消え、真っ白な歯となるホワイトニンング効果ともなります。
(歯磨きに混ぜても良し、または直接歯ブラシに垂らして3~5滴)

虫さされ薬として!

虫さされの場合はUMOの濃縮溶液をそのまま皮膚に塗布すると、その殺菌効果により毒性を瞬時に消して痛み、かゆみはすぐに消え去ります。夏場の釣りやキャンプにはぜひ携帯用UMOをお勧めします。

育毛剤 として!

UMOを飲用すると、血行が促進され、髪の毛に栄養や酸素が十分供給され、育毛サイクルが活性化されることになります。またUMOは、脂肪性物質を分解する働きがあります。UMO水を頭皮にスプレーしマッサージすれば、シャンプーでは取れない頑固な皮脂を分解し、いつも清潔にします。頭皮が健康 保たれれば、自然と薄毛や脱毛が抑えられ、髪の健康を取り戻していけるでしょう。

目薬として!

花粉症や鼻炎にも非常に良いUMOを10倍の希釈水(精製水)で目にスプレーしますと目薬の役目ともなります。眼球の裏側からも気持ち良くなります。



powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional